CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
FLOATRIBE mixed by KAORU INOUE&KENTARO IWAKI
FLOATRIBE mixed by KAORU INOUE&KENTARO IWAKI (JUGEMレビュー »)
スピン・サイエンス,モダン・ヘッズ,ザ・フィールド,ダート・クルー,ソリキッド,レイヨ&ブッシュワッカ!,マーク・マルゼニット,ベロシマ,ユストゥス・コーンケ,グレン・モリソン&ヒューマン・アダムス
RECOMMEND
SOUNDS
SOUNDS (JUGEMレビュー »)
FreeTEMPO,FreeTEMPO feat.Mari Mizuno,FreeTEMPO feat.ogurusu norihide,FreeTEMPO feat.arvin homa aya,FreeTEMPO feat.Kaori Natori,FreeTEMPO feat.bird,FreeTEMPO feat.Nami Miyahara,FreeTEMPO feat.KALEIDO,another side,ogurusu norihide,arvin homa aya
RECOMMEND
RECOMMEND
Mynah
Mynah (JUGEMレビュー »)
A Hundred Birds,Stella,TeN,sugami
RECOMMEND
LESSON.04
LESSON.04 (JUGEMレビュー »)
DEXPISTOLS,Chromeo,Surkin,Jean Nipon,Riot In Belgium,The Music,Boys Noize,Outlander,Digiki,Duke Dumont,Think About Life
RECOMMEND
GARDEN
GARDEN (JUGEMレビュー »)
MAKAI,WISE,青山テルマ,YUKA,Ryohei,Mary,Samantha Nelson,arvin homa aya
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< GROUP | main | AWA >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
対決!
先日、7月4日にSHAFTでの出演が決まった
沖野さん、DJ KAWASAKIさんが所属するExtra Freedomから
こういうメールが届きました。
のでご紹介!

皆様

沖野修也です。
今回の告知、ちょっと過激です。

来る4月の18日。
渋谷のTHE ROOMで、
僕、沖野修也とDJ KAWASAKIの
7時間完全バック・トゥ・バックを敢行します。

バック・トゥ・バックというのは、
2人のDJが左右のターン・テーブル/CDJを担当し、
1曲ごとに、交互に曲をかけて行く事なんですが、
実は、凄く奥の深い行為なんです。

というのも、 DJたるもの
相手がかけたものになんらかの
関連性
を持たせなければいけない訳です。

これ、選曲の基本です。

自分一人なら、
持って来たレコードを大体把握しているので
次を探すのにそんなに苦労しないんですが、
相手が何をかけるか全く見当がつかないので、
音が出てから、次の曲を探さなければなりません。
それが、仮に7インチで2分30秒位の曲だったりしたら・・・。
ちょっと、焦ってしまうもんなんですよね。

しかも、
このバック・トゥ・バック、
試合的な側面もあるんです。

まず、
どちらがオーディエンスを盛り上げられるか
という争い。

そして、 「えっ、この曲の次にかける曲ない!」
みたいに相手を追い込んで、
関連性を破綻させるという争い。

これはどういう事かと言うと、
選曲というものは
関連性が非常に重要な訳なんですが、
優れたDJというものは、
そこに意外性を
盛り込む事ができるんです。

似てる曲で安心させるという事と
意外な曲で驚かせるという事は
相反する事なんですが、
僕の著書『DJ選曲術』でも分析したように、
レジェンド達は、
それが同時にできるんですよね。

だから、
優れた選曲を目指す事
イコール
バック・トゥ・バックの相手を
叩きのめす事になる訳なんです。

という訳で、
4月18日は、
DJ KAWASAKIを潰します。(笑)

彼の方が
時流に乗っているし
売れているかもしれませんが、
DJとして
どちらが優秀か
白黒ハッキリさせます。

又、
これは、
4つ打ちなだけのJ-POPを
ジャパニーズ・ハウスだなんて言っている
人々に
本当の選曲、
本物のDJとは何か
を 証明する試みでもあります。

つまり、
彼が、
そういう音楽を作っている人達とは
違うという事を見せつける
絶好のチャンスでもあると思うんです。

だから、
DJ KAWASAKIには
本気でぶつかって来て欲しい。

格闘技でいう所の
ガチンコ対決です。

だって、
フライヤーに
VS
ってなってるんだもん!

だから、敢えて、
もう一度言わせてもらいます。

DJ KAWASAKI、潰す!!

勿論、
これ愛のムチですからね(笑)。

雄ライオンが
子ライオンを
谷底に突き落とすような
無慈悲なプレイが、
或は、
DJ KAWASAKIが
僕に牙を向き
ヘビとマングースの戦いさながらの
緊迫したバック・トゥ・バックが
ブース内で
繰り広げられるかもしれません。


爽やかなフライヤーからは
想像もつかない
同門にして
師弟でもある
僕と
DJ KAWASAKIの仁義なき戦い。

乞うご期待(笑)。

沖野修也(Kyoto Jazz Massive)


だそうです。
これは7月4日に
お二人でSHAFTに来られるのがますます
楽しみになりました。
| 裏方 | 16:48 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 16:48 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://clubshaft.jugem.jp/trackback/335
トラックバック